麻布・六本木エリアの人気パーソナルジムはココ!

パーソナルトレーニングに向いている人はどんな人なの?

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/07/14
    

競技アスリートはもとよりスポーツ愛好家は常にトレーニングをしていますが、巷で流行っているパーソナルトレーニングを受けている人はどのような人がいるのか気になります。またマンツーマンレッスンなどが向いている人には、どのような人がいるのかを検証していきます。

アスリートとして活躍をするために

自分自身がスポーツをプレイしたりみて楽しめることができると、サッカーやラグビーなどよりそのスポーツを好きになります。スポーツ愛好家やスポーツ観戦、スポーツドリンクなどを巷には、スポーツという言葉が溢れていて、それに付随するトレーニングも多様化されています。

一方で運動と言う言葉のイメージについてはどうかというと、スポーツと同類に捉える人もいますし、あまりイメージを抱かない人も少なくありません。この運動をすることに対する感じ方の違いはいろいろあると思われますが、その人間にとっての将来性の有無ではないかと考えられています。

スポーツも体を使うので、ある場面では非常に苦しいこともあり、特にトップアスリートのトレーニングは過酷を極めることになります。苦しいことをわざわざやるのかというと、そのスポーツには優勝するとか表彰される記録がでるなどの成果という報酬がついているからです。

アスリートは体を追求している

アスリートなどスポーツ選手がパーソナルトレーニングに向いているのは、まず筋肉のバランスをしっかりとみてトレーニングができることです。筋肉にはバランスがあり上腕二頭筋の対になる筋肉は上腕三頭筋があり、これらは拮抗筋と呼ばれていてバランスよく鍛える必要があります。

その他にも大腿四頭筋の裏にはハムストリングがあり、こちらも筋肉のバランスが悪くなることで、競技中に肉離れを起こしてケガをしてしまう可能性があります。六本木にはアスリートなどが通うところもありますし、プロの目線から改善方法を指導してもらうことができます。

そのためには筋肉のバランスを重視して競技をすることで、スポーツパフォーマンスを上げることができますしケガを防止することができるのです。パーソナルトレーニングではトレーナーと一緒になって、どのようなパフォーマンスを重視するのか「筋力」だけではなく「持久力」や「瞬発力」なども含めて鍛える必要があります。

トレーナーに客観的にみてもらい自分の動きがどうなっているのかがわかってくると、筋肉の使い方が脳にインプットされていき反復動作などが改善されるようになります。

体調不良の人や機能改善をする人

アスリートだけではなくパーソナルトレーニングに向いている人では、やはり体調不良を起こしている人や機能改善をしたい人がいます。体調不良というのは腰痛や肩こり、また柔軟性が低下していることによる生活レベルの低下などがあるので、これらもトレーナーから指導をしてもらうことです。

また機能改善ではリハビリテーションの延長上でケガをしてウォーキング動作が上手くできなくなった人や、身体能力が病気やケガで低下した人が挙げられます。これらはアスリートまでの筋肉バランスを重視していないのですが、日常生活が楽におくれるようにトレーニングをすることではパーソナルトレーニングをやったほうがいいです。

 

パーソナルトレーニングを受ける人は、アスリートなどのトレーニングを追求する人ではパフォーマンスアップを目的としています。また機能改善をするために、トレーナーより的確なアドバイスを受けながらマンツーマンレッスンを受けることも多いです。

どちらにしてもかなりの知識や経験を有することから、ストレングスの知識からメディカル的な知識まで幅広く持つことが条件だといえるのも、このパーソナルトレーニングの特徴です。