麻布・六本木エリアの人気パーソナルジムはココ!

パーソナルトレーニング終了後のリバウンドを防ぐ方法を知ろう!

公開日:2020/01/15  最終更新日:2019/12/23
    

近年はさまざまなパーソナルトレーニングスタジオが出でてきており、その中でもダイエットに精通しているジムは人が多く通っています。その理由としてあるのは、ダイエットができて、アフターフォローでリバウンドがないように防ぐ方法を実践しているからです。

ダイエットをする理由や目的が必要

ダイエットの目的として挙げられるのがスタイルなどの見た目を変えたいということや、病院から生活習慣病のリスクとして注意されたという健康の問題もあります。人それぞれに理由があるのですが、一番大事なことはダイエットをするにはモチベーションを高くしていないといけないことです。

なぜなら素人がおこなうダイエットでは、途中で挫折する人もいれば筋肉を痛めてしまいトレーニングを継続できなくなったという人もいます。挫折する理由としては「面倒になった」「時間がない」「成果がでない」などのものがあり、これは素人がやってしまうとダイエットができないだけではなく、リバウンドを起こしてしまうことに成りかねません。

リバウンドの恐ろしいところは、まず今までの体重よりも増えてしまうということで、筋肉量ではなく体脂肪量が増えてしまうので問題となります。問題なのはトレーニングをして体重を落とすことはできても、その後のリバウンドを防止する方法を知っていなくては、ダイエットが成功したとはいえないからです。

脳を刺激するスロートレーニング

ではパーソナルトレーニングによってダイエットをする方法を考えていくと、最初に筋肉量を増やすことが必要となります。筋肉量を増やすことには筋力トレーニングをすればいいのですが、そのやり方として運動不足の人には脳内刺激を与えていくことが大事です。

ダンベルやバーベルを使ったトレーニング方法を利用すれば筋肉量がある程度上がりますが、実はこのときに素人は頑張りすぎてしまい、筋肉ではなく関節などの靭帯を痛めてしまう人も少なくありません。

やり方に問題もありますがダイエットなどの目的がある場合には、重要視しておきたいのは自分のできる限りの負荷でやっていくことから始めるということです。いきなり追い込んだ無理なやり方ではなく、脳を刺激するには、ゆっくりとしたスローなトレーニングを取り入れることで筋肉を鍛えて効果をあげていきます。

食生活を注意する生活で防ぐこと

このようなトレーニングを取り入れながらダイエットを成功させていきますが、リバウンドしない体作りのためには食事管理も必要となります。今までのライフスタイルでの食生活を考えなくてはいけないのは、例えば間食を多くやっていた人や一度の食べる量が多かった人などいます。

間食をしていた人にはいきなり間食を制限するとストレスになりますので、間食する食べ物をバナナなどに変えてもらうようにすると栄養もありエネルギーになるので効率的に働きます。

食べる量が多かった人には、炭水化物の量を減らすようにして「おかず」などの副菜を多く揃えることによって、全体のトータルバランスが取れるようになります。特にお米や麺類などの食生活が中心だった人には、量を減らすようにして食事に対するイメージを変えてもらうことでダイエットが成功した後でも、リバウンドがない生活を送ることができます。

 

ダイエットをしてリバウンドを防ぐ方法を考えると、まずスタイルを変えたいなど目的や目標を明確にしてモチベーションを高めることや、パーソナルトレーニングでサポートをしてもらうことです。筋肉量を増やすことで基礎代謝が高くなり、カロリー消費が多くなりますので、やり方などの知識を教えてもらいトレーニングメニューを組んでもらいます。

またリバウンドを防ぐ方法として、普段からの食生活を変えることがありますので、こちらもカロリー消費から必要な栄養素を吸収できるようにアドバイスをもらいます。