麻布・六本木エリアの人気パーソナルジムはココ!

パーソナルトレーニングジムの営業時間はどれくらい?遅くまでやっている?

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/09/10
    

六本木エリアでトレーニングしたい、けれど通える時間帯が仕事が終わってから、という人もいるのではないでしょうか。

そうした人のために夕方以降の営業時間はどのように設定されているのかをチェックしてみましょう。

通いやすい立地をまずはチェック

トレーニングジムを利用する人のなかには、多忙のためなかなか通えない人や、まとまった時間を作れない人もいるでしょうが、仕事帰りに短時間だけでもトレーニングしたいのが本音でしょう。1時間や2時間、筋肉疲労が出るまで筋トレをこなすのもいいでしょうが、肩肘張らずにトレーニングを続けたい人のほうが多いはずです。

1回あたり15分や20分といった時短プログラムを用意しているパーソナルトレーニングジムも六本木エリアにはあります。最先端技術を駆使し、たった20分でも通常のトレーニングを3時間分おこなったのと同じくらいの効果が得られる、そうしたところもあります。時短も魅力ですが、肝心なのは立地です。

自宅やオフィスから距離が遠くとも、交通の便がいいのも六本木エリアです。駅から歩いて数分などのところであれば、通うのもラクですし、モチベーション維持にも繋がるでしょう。交通アクセスの心配する必要のないエリアですから、都心で仕事をする人にとっては、仕事帰りにも通いやすさがあります。

また、ここで気をつけたいこととして、営業時間の問題です。早朝や遅くまでやっているところがあれば、グッと通いやすくなるはずです。

深夜帯まで営業しているジムはあまり多くない

六本木エリアで結果にコミットすることで話題となるパーソナルトレーニングジムの多くは、平日10:00からで、夜は22:00という時間帯まで営業しています。土日祝に限っては1時間程度早くクローズするようです。朝早くやっているところは7:00からです。

では夜遅くまでやっているところはあるのでしょうか。激戦区である六本木エリアで業界初のヒートショックトレーニングを受けることができるパーソナルトレーニングジムでは23:00まで営業しているようです。もちろん、六本木エリアだけでなく、近郊や郊外までエリアを拡大してみれば、24時間営業しているところもあるようです。

しかしながら、夜遅くまでやっているところが少ないのはなぜでしょうか。それは、身体を動かすことで脳が活性化するので、かえって眠れなくなるようです。筋肉は睡眠中に回復したり、作られたりするので、パフォーマンス低下をもたらすほどの慢性的な疲れは避けたほうがいいかもしれません。

もちろん、そうしたアドバイスであったり、トレーニングメニューを考えてくれるのもパーソナルトレーニングジムならではの利用価値でしょう。

予約制にて時間を調整してみよう

営業時間を知るうえで豆知識も知っておきましょう。例えば、たくさんの人がトレーニングするため、使いたいマシンが使用中ということもあるかもしれません。

今、六本木エリアにも完全予約制を採用するところが増えています。厳格なスケジュールに則って営業していることもあって、使いやすさ、通いやすさがウリです。いつも同じ時間に予約を入れることができれば、人の姿がまばらになるクローズする時間ギリギリに予約を入れるのもおすすめです。

ちなみに、好きな時間に好きなだけ、こうしたフリープラン制というところもありますから、うまく利用すれば価格を抑えながら効率よく通うこともできるはずです。

もちろん、遅くまでやっていることは遅くまで仕事をしている男性にはメリットですが、女性専用パーソナルトレーニングジムでは主婦層も多く、夜の1人歩きを懸念し、やはり営業時間は22:00クローズというところが多いようです。

 

営業時間によって通いやすさは少なからずあるでしょう。六本木エリアには遅くまでやっているパーソナルトレーニングジムは少ないようですが、それには理由もあります。パフォーマンスの低下はもちろん、せっかく鍛えた身体を回復させるための時間を作れないことも理由でしょう。

頑張る人に配慮された営業時間です。仕事で多忙であっても通いやすいように、短時間プログラムも用意してくれていますから、効率よく通うことができます。